HOME > 乾燥肌・乾皮症のトラブル対処法

乾燥肌・乾皮症のトラブル対処法

乾燥肌や乾皮症とは?

健康な人の皮膚は、みずみずしさと弾力性を備え、アレルゲンや微生物などの外からの刺激から身を守っています。

しかし、加齢などによって皮脂の分泌が低下すると、皮脂膜が薄くなり、角質の水分が減少しやすく、乾燥肌になりやすくなっています。

このような乾燥肌では、ちょっとした刺激でも過敏に反応し、炎症による赤みやかゆみが起こってしまうのです。

皮膚の保湿力が低下すると乾燥肌になりやすくなります。

さらに、角質層の水分量が減少し、皮膚が乾燥した状態を乾皮症といいます。

主に加齢に伴って皮脂の分泌や角質細胞間脂質が低下するなどで、皮膚の保湿能が低下してしまったり、生活住環境の低湿化(密閉された住環境や暖房などによる室内の乾燥)、脱脂習慣を伴うライフスタイル(入浴時の洗いすぎなど)も要因となっています。

年齢を重ねると乾皮症になりやすいって本当?

高齢者の95%は乾皮症(老人性乾皮症)

高齢者では約95%に乾皮症が認められ、その半数がかゆみを訴えていると言われています。
高齢層の乾皮症は、病気というよりもむしろ生理現象であるといえます。

老人の乾皮症は保湿因子の減少が主な原因です。
さらに皮脂の分泌量が低下して皮脂膜が脆弱になり、老人特有の要因として本来脱落しているべき角質細胞が表皮に残り、角質層が厚くなっていることが乾燥の助長につながっています。

年齢による皮脂分泌量の変化

皮脂腺から分泌される皮脂の量は、主にホルモンによってコントロールされています。
そこで、年齢とともにホルモンの分泌量が減少するとともに皮脂の量が減っていきます。

また、皮脂分泌量の変化は男女でも異なり、男性は60才を過ぎると、女性は40~50代にかけて急激に皮脂の量が減少していきます。

乾燥肌や乾皮症は"皮膚のバリア"機能が低下?

乾燥肌や乾皮症は
皮膚のバリア機能低下しています。

バリア機能が高い皮膚 バリア機能が低い皮膚

健康な人の皮膚は、天然保湿因子(NMF)やセラミドによる角質層の水分を保持する機能と、皮脂膜(皮脂および汗)の水分蒸散を防止することにより、なめらかで潤いのある皮膚が保持され、高いバリア機能を維持しています。

一方、加齢などによる乾燥肌では、皮膚の保湿力が低下してバリア機能が低下している状態になっています。

乾皮症が続くと"かゆみ"に敏感に!

かゆみが起こり症状が悪化しないように
シッカリ保湿することが大切です。

健康な皮膚ドライスキン

乾皮症の状態が続くと真皮に存在するかゆみの知覚神経線維(C線維)が表皮に伸びています。
そのような状態ではかゆみに対して刺激レベルが低くても敏感に感じ取ってしまうようになり、わずかな物理的刺激でもかゆみのスイッチが入って過敏になり、皮膚瘙痒症となります。

かくことで皮膚の炎症を引き起こし、皮脂欠乏性湿疹、さらにかき壊して悪化し、貨幣状湿疹へ進行してしまいます。

かゆみが治まらず、かき壊してしまうと症状がさらに悪化してしまいます。

乾燥肌や乾皮症は「乾燥性皮膚治療薬」で治しましょう!

「皮膚が乾燥して白い粉をふく・・・」。

そんなガサガサした、乾燥肌、乾皮症には皮膚の保湿力を高める保湿成分を配合した外用剤でしっかり保湿してキチンと治しましょう。

「メディスキンコートf」は、尿素、グリチルリチン酸二カリウム、ビタミンEを配合し、乾燥肌やガサガサ肌に潤いとなめらかさを取り戻してくれます。

皮膚の保湿力を高めるためには、乾燥性皮膚治療薬でキチンと治しましょう!

〈症状が悪化した場合は〉

乾燥肌はかゆみを伴い、かき壊してしまいがち。
かき壊しで悪化した場合は、かゆみや炎症を抑える抗炎症作用のあるステロイド外用剤で早期に治療することが大切です。

皮膚の保湿力を高めるためには、乾燥性皮膚治療薬でキチンと治しましょう!

ステロイド外用剤『フルコートf』についてはコチラ

「メディスキンコートf」の3つの作用

トップページへ戻る

ヒフノコトサイト